知っておきたい便秘薬の種類と特徴

便秘になった時に、飲むのが便秘薬です。症状がひどい時や、苦しい便秘の症状にはやはり頼りになる存在です。しかし、便秘薬と言ってもその種類は存在し、合わないものを服用してしまった場合にはその症状が悪化することもあります。
 たくさん市販されている便秘薬も、自分にあった商品を使用することで便秘の症状改善をより良くすることも、悪化することもあるのです。今回はそんな便秘薬の種類と注意点に関して紹介します。

便秘薬の大まかな役割と分類

便秘薬の機能とその名称毎に種類に分類すると以下の分類になります。
・大腸の蠕動運動を無理やりさせる(刺激性下剤)
・大腸にある便の水分量を増やす(機械性下剤)

この他にも、実際に服用するタイプの商品と座薬で使用する商品があります。それぞれの薬剤には、効果を発揮する機序が異なり、また便秘に対する効果の強さや、副作用も別にあります。
 また同じ機序でも、違う成分を服用することで、副作用を避けることも可能です。便秘の症状や飲む頻度によっても、どの薬を選ぶかは重要なポイントになります。

便秘解消の最強薬品刺激性下剤

瀉下薬は、便秘の原因になっている大腸や小腸を刺激して腸管の働きを良くすることで、便秘の解消をつなげる効果がある医薬品です。

・アントラキノン系
・ジフェノール誘導体
・ひまし油

漢方系の成分名だと、アントラキノン系はセンナ・センノシドが有名な刺激性下剤の分類になります。便秘薬の中でも、大腸自体に働きかけてその効果を発揮するので、便秘の解消の切り札扱いとされています。服用後6時間後ぐらいには下痢を発生させることができる下剤です。

ジフェノール誘導体は、化学合成で作られた成分でピコスルファートナトリウムやビサコジルが該当します。アントラキノン系よりも効果が緩やかなのが特徴です。8時間~10時間かかります。

ひまし油は腸管でも小腸に作用する医薬品で、大腸に直結している小腸を刺激して,大腸の蠕動運動を促進させる効果を持っています。8時間〜10時間かかります。

便秘薬でも、この大腸に働きかける医薬品のみが便秘薬と思っている人も多く、加えて副作用はあまり知られておりません。

副作用は耐性ができやすいという欠点があります。使用すれば使用しないと、便を排出できない腸になってしまいます。長時間使用すればするほど薬剤を使用しないと排便ができない腸になりやすく、使用するのは市販の医薬品でも2週間以内が妥当になります。

2週間使用して症状が改善できない場合は、日頃の生活習慣ではなくて、病気による下痢を疑うべきなのです。アントラキノン系は腸に黒ずみが発生して、本来の腸管の機能が劣化するといった問題もあります。

また、ひまし油の場合は充血作用があるため、妊婦には使用できないのが特徴の医薬品になります。

機械性下剤の特徴と注意点

機械性下剤の特徴は、便秘の原因になってい便の水分不足を解消して、便通を促進させる医薬品になります。本来の蠕動運動を促進させるといった効果があり、大腸の腸管自体を刺激させないため、依存性が少ないのが特徴です。しかし種類によっては副作用が出やすいために、服用が禁止されているケースがあります。

 ・塩類下剤
 ・糖類下剤
 ・膨張性下剤
 ・湿潤性下剤

この4つが該当します。

塩類下剤は酸化マグネシウムが入っている下剤で、マグネシウム塩を中心とした成分が配合されている医薬品になります。腎臓の疾患がある人は、飲んではいけないもしくは相談が必要な下剤になります。

糖類下剤は、ラクツロース、D-ソルビトールという消化しにくい糖分を含んだ下剤で、糖分を使用しているので、糖尿病の人は使用ができない下剤になります。

膨張性下剤は、寒天や小麦ふすまといった水溶性食物繊維を原料としている下剤で飲んではいけない人はいません。

潤滑性下剤の場合は、腸管を滑りやすくすることで下痢を起こす下剤です。代謝に異変のある妊婦や肝臓疾患のある人は飲めない下剤です。

いずれの医薬品も服用してから、下痢の症状の緩和まで、1日ほど時間がかかります。緩やかに作用し,腸管の環境を改善しつつ便秘を改善する医薬品です。

下剤の飲み分けポイント

便秘でも実際に下剤によって症状が悪化するケースや,飲んではいけない下痢に対して使用を避けた方が良い注意点を紹介します。

便秘と下痢が交互に発生する場合は、基本的に腸管がストレスによって本来の蠕動運動が出来ていない状態になります。本来の機能が働いていないことで、便秘の時期と下痢の時期を繰り返すのです。

そのため、便秘の時期に、刺激性下剤を使用すると、更に腸管にストレスを与える事になってしまうので、症状が悪化します。腸管にストレスを与えない緩やかな下痢を引き起こす塩性下剤や膨張性下剤がお勧めです。

また、下痢でも直腸に詰まっているタイプの下痢は座薬がお勧めになります。服用するよりも腸管に成分が届きやすくなるためです。痔や便意が少ない便秘の場合は腸管に便が溜まっていることが多いため、座薬の方が症状を改善することができます。

便秘解消ならこのダイエット茶!

あなたは便秘で悩んでいませんか?話題の便秘茶(ダイエットティー)なら何をやってもダメだった人でも朝スッキリしたと好評です。便秘で悩んでる人は、一度「モリモリスリム」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です