宿便に効果があるサプリはあるの?その理由も解説

宿便の改善には薬よりもサプリが効果的です。サプリと言っても様々な種類が存在し、体質によって、摂取すべきサプリのおすすめが実は異なります。今回はそんな、宿便に効果があるサプリの特徴と種類、選ぶポイントを紹介します。

宿便にサプリの効果がある理由

頑固な宿便ですが、実は薬よりもサプリに効果があります。その理由は、効果があるメカニズムが大きく異なるからです。効果がある理由は、腸管に効果があるのではなくて、宿便が溜まりにくい腸の環境に整えることが可能だからです。

薬の場合は、短期間で腸管のつまりを改善すると言った目的が強く、短時間で、便秘を解消すると言った意味があります。宿便の場合は正常な蠕動運動によって溜まってしまった便を出すことが大きな意味があります。

その為、便ができやすい環境を改善できるサプリの方が宿便を改善することができるのです。故に、宿便にサプリの効果があるのはこうした理由があります。

サプリにも種類があり、効果がある成分自体が違いによって効果のある無しが決まります。その為、長期間飲むものなので、しっかりポイントを抑えて選ぶことが大切です。

宿便のサプリの種類

宿便に効果があるサプリの種類は主に3つあります。

 ・食物繊維系
 ・乳酸菌系
 ・マグネシウム系

主にこの3つの成分が含まれている商品が主流になります。つまり、宿便に効果があるサプリはこの有効成分が入っているものが多く、その成分の特徴を理解することが大切です。

食物繊維系は、大腸の蠕動運動と乳酸菌を増やすための食物繊維がカプセルに入っているサプリメントです。人間の食事によって不足しがちな食物繊維を一日あたりの摂取量目安にすることで、腸の蠕動運動を進める効果があるサプリメントです。

乳酸菌系は、腸内の善玉菌を増やすことで、腸内環境を改善し栄養吸収や本来の腸管の機能に戻してくれるサプリです。

マグネシウム系は便通の時に不足している水分量を増やしてくれることで、改善することができるサプリになります。

いずれのサプリも宿便が溜まる以前の便秘の症状や便通の頻度によって、どのサプリを使用すると効果があるかが決まります。

また飲んでも場合によっては効果がないケースもあるので注意点が必要です。

宿便に効果がある食物繊維系のサプリのポイント

食物繊維系のサプリを使用すると効果がある宿便体質や便通の方を紹介します。

 ・便の量が根本的に少ない
 ・便の臭いが強烈
 
この2点に覚えがある場合は、食物繊維系のサプリを飲むのが効果的です。便は基本的に消化がしきれなかった食物があることで、初めてできます。その主な成分が食物繊維なのです。食物繊維自体が、少ないとできる便の量自体が減少します。

また、食物繊維も水溶性食物繊維を摂取することが大切で、宿便を減らすにはある程度の便に水分量があることが大切になります。便が柔らかくないと、蠕動運動によってもできた便を移動させることができないためです。

また臭いが強烈なのは、善玉菌が少なくて悪玉菌が増加していることになります。実は、水溶性食物繊維は、善玉菌の餌になります。餌になるものが少ないと、腸管の環境が悪化してしまうので、便が臭くなってしまうのです。

注意点は、食物繊維系も量を守らないと、摂取をしすぎたことで、消化しきれない食物繊維が増加し便秘の原因になります。分量を護ることが大切になります。

宿便に効果がある乳酸菌系のサプリのポイント

乳酸菌系のサプリを使用すると効果がある宿便体質や便通の方を紹介します。

  ・便の臭いが強烈
  ・肌荒れ等の症状がある

この場合は乳酸菌が腸内の中で少ないことで、宿便ができやすい体質になっているケースです。臭いが強烈な症状は、善玉菌の量が減少して、悪玉菌が優位になっていることで本来の腸管の蠕動運動ができていないことになります。

肌荒れの症状があるのは、善玉菌が不足していることが原因です。善玉菌は、大腸の中で必要な栄養素の合成にも関係しています。ビタミンCやEといったビタミンを作ってくれるのです。その数が減少することで一番影響が出るのが肌なのです。肌荒れが酷く便秘がち人は、宿便の発生原因は乳酸菌が不足によって起こっているケースです。

注意点は、ビフィズス菌と納豆菌両方入っている商品を購入することです。ビフィズス菌は、腸内で必要な栄養分を作る能力がある栄養分になります。納豆菌の場合は、悪玉菌をやっつける効果があります。その為、ビフィズス菌と納豆菌が入っている商品を選ぶのが合理的になります。

宿便に効果があるマグネシウム系サプリのポイント

宿便に効果があるサプリに、薬と同じ成分でも効果があるのがマグネシウムです。マグネシウム系のサプリを飲んだほうが良いとされる症状をあげます。

 ・便の水分がない、硬い
 ・疲れやすい
 ・冷え性や代謝が悪い

便通の問題外にもありますが、マグネシウムが不足していると発生する症状になります。マグネシウムが不足すると便に含まれる水分量が減少します。その為、宿便の水分量が著しく減少するようになります。

次に、疲れやすいのはマグネシウム不足による症状で、マグネシウムを使用した酵素の生成量が減少している症状です。冷え性や代謝が悪いことも、便秘を発生し、蠕動運動を阻害するため宿便ができやすくなります。

マグネシウムはミネラルのため摂取しすぎると、便秘の症状が逆に発生します。摂取量に注意が必要です。

便秘解消ならこのダイエット茶!

あなたは便秘で悩んでいませんか?話題の便秘茶(ダイエットティー)なら何をやってもダメだった人でも朝スッキリしたと好評です。便秘で悩んでる人は、一度「モリモリスリム」をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です